手触り抜群、ローダメージ、リッジをきかせたパーマ

パーマをそのままドライ

ローダメージにこだわって、リッジをきかせ、パーマと巻いた感じの間

の手入れが楽なスタイル。

もちろんコテで巻かなくても大丈夫
仕事をしていると朝に髪に時間をかけれない、そんな方におすすめ。

電車でメイクしている人がけっこういるって聞いたんですが振動あるのに

凄いなと思います。

でもさすがに髪はやらないでしょうね。いそうな気がする、多分いる

慣れって怖いな。

これって

確かに万引きは悪い事ですよ

去年、商店会から配られたポスター

ほんとにこれでいいんだろうか・・・・.
icon_question.gif

くせ毛に遊ばれずくせ毛をそのまま使う

高校生の時は散々クセ毛で悩んで

現在はクセ毛となかよし

そう、揺らさず乾かすとクセウェーブそのまま

ドライヤーの風を弱くして離してあてればできあがり。

パーマかけた?

周りから言われたらばっちりです。

大学生に聞いてみた

嫌だな~と思うとその時間が長く感じる

でも、楽しいと思うと時間があっという間。

しかし、大学生の4年間はどうなのか?

3年になると就活があり、そこまではあっという間だったと、

3年から4年への1年間はどうなのか、学生生活を名残惜しむ期間もあっという

間だし就活は大変だしこの期間はいったいどっちなのか、この期間だけは楽しく

ても嫌でも早いようです。

本人曰く、やりきったそうです。

チェンジ

髪を気にするようになるのは成長

仕事柄、幅広い年代のお客様がいらっしゃいます。

家族できて頂いているお客様も多い。

そのお子様たちもどんどん成長し、平均して中学生くらいから髪を気にし始めて

きますね。

普通に考えたら成長ですよね、、カッコよくしたいかわいくしたいのは、

たまたまそれがが校則に違反してたりして、自然な欲求と周りに影響されやすい

年頃なんだと思います。

女子は前髪に凄くこだわる

男子はワックス(スタイリング剤)にこだわる

そんな気がします。

やってみる価値あり、クセ毛に自分用のクセを付ける

かなりのクセ毛の持ち主、高校生女子

けっこうなロングからの結べる限界までカット、量も多い、

長くていつも結んでいると重みとひっぱっていることで自分のクセを忘れてしまいます。短く切った時が想像できません。

クセは出るよと言ってからカット、毛量調整しっかり

重要なのは乾かす時、

ある程度乾いてきたら毛先をデジタルパーマの時のように捻ります。

少々強めに、一週間くらいやればクセが付いてくるはずです。

一回だけでも毛先が曲がりました。

クセを付けるコツは根元から手を入れること、その流れでひねる、捻る。

クセ毛と少し仲良くなる力技です。DSCF6978

ソフトでもないハード過ぎない男子の髪型

シングルツイストカールのパーマ

捻ってからピンで丸く留めます。

捻ってそのままだとストレートのベースで細かくうねります。

捻ってから丸くピンで留めると曲線が入るので少し柔らかくなります。

いい感じに毛先があっちここっちに向いてくれます。

ツイスト系は一見ハードに見えますがやり方によってです。

専門店ではないのでそこまでハードなものはやりません、あくまでできる

範囲でやります。

崩れようがないスタイルなのでスタイリングが凄く楽そうです。

だいたい毎日同じような形になる。男性におすすめ

但し仕事場にもよりますね。
DSCF6980

髪の見栄えの良さはスタイルよりツヤ

たまに行く、人が集まるフードコートなどで幅広い年代の

髪型を何気なく見渡してみるととても勉強になります。

だがしかし、

よく雑誌に出てるようなちょっとした簡単まとめ髪やらヘアアレンジ、

やってる人はほぼいないicon_rolleyes.gif

なぜ?

お客様に聞いてみると簡単とは言っても難しいそうです。一回は試みるそう、

用は誰から見て簡単なんだと、

なんともごもっともな意見。

あまり髪に手をかけられないのであれば髪にツヤを出すことをオススメします。

良いツヤで1つのスタイルが成立します。ツヤは一番褒められます。

DSCF6972

寒い日は首を温めるのがいい

風が冷たい日はなるべく首を温かくして出かけましょう。

首は太い血管が通っています、冷やしてしまうと血流が悪くなって

末端までの血流が遅くなって結果手足が冷えてしまいます。

夜は首を温めてから寝ると熟睡し易いみたいですよ。

今、インフルエンザが流行っています、そしてほぼ無防備です。

なるべく身体を冷やさず温活を心掛けましょう。それと気合い?

カルムラフでは冬のヘッドスパは首を強力に温める方法を使い家に帰るまで

温かいを持続させるので、冷え性の方に好評です。

首は温めるといいことが多いので、蒸しタオル、カイロ、マッサージ等々

試してみて下さい。

なるべく持続してできるように無理せずやるのが良いです。

思わず感心、アンチエイジングにスキー?

先日ラジオを聴いていたら、アンチエイジングになんとスキーがいいらしい、
となるとスノボーもかな。

プロスキーヤーの方がいうには滑る振動で骨密度が上がる、足腰が強くなる。そ

して滑りながら板の中心に体がいくようにバランスをとるため体幹が鍛えられる。

あとは標高差を滑ることによって肌がきれいになる。

ここは聞き逃してしまったので詳しくは解りません。

へぇ~ですね。

昔、5月の奥只見(新潟の奥地)でスノボーに行った時に山頂付近でビールを飲

み、陽気に誘われ2時間ほど寝てしまい雪での下からの乱反射、上からの太陽

の攻撃で翌日顔が男梅

寝ている間に男を磨いてしまいました。

かなり腫れに腫れましたね。

スキー場の晴れには気をつけて下さい。

カテゴリー

カレンダー

    2018年11月
    « 8月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

月刊アーカイブ