寒い日は炭酸

炭酸は、お湯の温度が低いほうが濃度が濃いので、

炭酸の入浴剤を入れて入浴する時はいつもよりぬるめがいいです。

熱いとすぐ炭酸が飛んでしまい効果が出にくくなります。

お店のシャワーからは約1000ppm(温泉法で効果が出るといわれている濃度)

が出せます。

それ以上の場合は作ります。作ってすぐ使用すればかなりシュワシュワのビリビリ

が頭にかけれます。

その時のお客様の反応が面白いんです。

とにかくとろみを感じる、強制的にオールバックにされてる感じ、

くすぐったくてしょうがない、とにかくシュワシュワが凄いと、かけてる方は

髪の根元が立ち上がるのが見てわかります。頭皮の色がほんとにきれいに見えます。

湯冷めもすぐはしません、

家に帰るまでが炭酸ですicon_mrgreen.gif

カテゴリー

カレンダー

月刊アーカイブ